ルオムの森ワークショップ『これ食べるのに、何つくろう?』

2016.10.16


「モノを見る視点が増えて、日常生活がちょこっと豊かになればいいなと思います。」


このワークショップでは、初めに自分がデザイン・制作をするときにどのようなことを考え、こだわって制作しているのかを解説します。その後、既在製品のカタチについての考察等を行い、デザインのプロセスを体感しながらそれぞれが制作を進めていきました。
お昼には自分で制作したモノを使用し、実際に使い心地を確かめます。ワークショップの最後には、参加者それぞれの制作物に対する思いやワークショップでの学びを発表しました。
皆、新しい発見があったようで、とても充実したワークショップとなりました。





























photo_KenOkada



主催/協力/会場_ルオムの森洋館






takeuchi design works.

心豊かな生活のために、ものことをカタチに。