自然の中で体験し、実感する

2011.11.12 - 13


- 食べる道具づくりWorkshop -

自然体験プログラムの中で、お昼ごはんのメニューに合わせて道具を作る子ども向けワークショップを行いました。子ども自ら「食べる為にどのような道具が必要なのか」を考えながら制作を進めます。現地で調達した竹を使用し、自然の中でモノづくりのプロセスを体験してもらいます。日常生活にある身近なモノの素材や形、使い方などを自然の中で、より強い実感をもって体験することができます。



◯お昼ご飯はうどん、お箸をつくろうとしている子が多いようです

◯刃物を使うことは楽しい反面、危険が隣り合わせのため皆集中して取り組んでいます

◯ヤスリで仕上げ作業、ツルツルになっていくことが楽しく、時間を忘れる子も

◯自分で作った道具でお昼ご飯、細すぎる、太すぎるなど使ってみることで色々な発見があります

◯使った後は大切に洗って持ち帰ります、モノを長く大切に使う気持ちを養います

takeuchi design works.

心豊かな生活のために、ものことをカタチに。